ワックスフラワー続きの続き


中心のふさふさの部分
a0243595_05035800.jpg
アンティークレースやリボンなどに巻いてある古いラッピングペーパー?を使ってみました。↓色もいい感じになりました。捨てないで取っておくものですねぇ~
a0243595_05040771.jpg
ワックスフラワーの土台、普通の紙だと厚すぎで、エッジの部分の土台の紙がどうしても見えちゃいます。
エッジの土台を隠そうとワックスを何度も浸すと異様に分厚い花が・・・・
薄い紙が良いと思ったけど、だからといって張りがない紙だと一回目の蝋を浸して
余分な蝋を落とそうと振ったときに形がぐちゃぐちゃべちゃべちゃに・・・。
なのでワックスペーパーだと適度に薄く、適度に貼りがあってそこそこ扱いやすいかな~?
クッキングペーパーだと基本的にこびり付かない様にする紙なので、蝋も取れてきちゃいました。

蝋に付けて取り出す時にちょっと振りながら取り出しても、どうしても花びらの先に蝋が残って厚みが出やすいのと厚みが均等になりにくいのですが、そういう時は歯科医院で使っているようなスパチュらを火であぶってちょっとづつ取り除くと綺麗になるかも。今はないのでピンセットでやってるけど・・・。買ってみよ。
ワックススパチュラ、歯科医院でデンチャーの型作りのときに同じ工程(ワックスを溶かしたり盛ったりするの)をするのを思い出して^^
色んな刃先の形があります。
歯科の器材は手芸工芸に使える器材の宝庫!

インテリア・収納 ハンドメイド













[PR]
by iloverenejp | 2014-03-15 05:23 | hand made
<< アトリエの木製テーブル ワックスフラワー 昨日の続き >>